【2016/3/25】「手島圭三郎特別講演会」~しみじみと思うことばかり。言葉の一つ一つに、命の重さと儚さを感じました。

 手島圭三郎さんの絵本原画展は無事に終了。そして講演では、しみじみと思うことばかり。

 2016年1月から3月末まで開催した、絵本作家・手島圭三郎の原画展も無事に終わりました。原画を展示させていただく、アルモニのオープン以来初のチャレンジでもありました。谷山の辺鄙な卸団地の中にある建物の2階に、名実共に偉大な存在であるとはいえ、作家さんの原画を展示して、どれだけの反響があるのかもわかりませんでしたが、当店は「小さな絵本美術館」ですから、今回の企画は私にとって大変名誉なことでもありました。

  手島さんの作品は、どれも北海道の動物を描いたものです。特に『しまふくろうのみずううみ』は、絵本にっぽん賞を受賞した作品でもあります。文字がほとんどありません。木版画で表現された夜の湖の神秘性、フクロウの視線、緊張、湖の波紋、といったものが圧倒的な力で私たちを捉えます。この絵本が出版された当初、「子どもの読む本としては物語性がない」と評した評論も少なからずあったのだそうです。

 しかし、本当にそう言い切れるでしょうか?フクロウのお父さんが子どものために魚を捕まえる、たったそれだけのストーリーだからこそ、小さい子どもたちにも分かるテーマではないかと思います。一瞬の動きを絵に捉える、その連続性こそが文字を追わない物語と言えるのではないでしょうか。わたしたちは、文字がない世界にじっくりと浸ってみるという時間が、現在あまりなくなっているのではないでしょうか。目を閉じて手島さんの描く世界に容易に入って行ける、そして自然のリアルさを想像できる、そんなイマジネーションの持つ大切さを、いくつになっても持ち合わせていたいものです。

 最後に、手島さんが私たちにくださったメッセージをご紹介します。

「人生は素晴らしい。どんな人生であろうと人生は美しい。しかし、美しいと思うには、その人に感性がなければ美しさを見ることが出来ません」。

 3月25日の手島さんの講演会には、夜の開催時間でしたが、遠くは熊本から、鹿児島市外からも聞きにきてくださったお客様も。「二度と無いかもしれない出会い」の連続です。81歳の手島さんの言葉の一つ一つに、「明日のことは誰にもわからない」命の重さと儚さを感じました。だからこそ、「聞いてよかった」と皆さんが感想をおっしゃって帰られたのだと思います。

 版画の一部は、アルモニに展示しております。いつでもご覧いただけます。期間中お越しになれなかった皆様に、ご案内です。


【2016/3/17】のんびり、まったりと美味しいひとときでした(^^;~『第1回コロンビア・ヴィンテージ珈琲豆を味わう夕べ』を開催しました~

 当店に20数年前に仕入れたコロンビア珈琲豆があると聞いたお客様から、「それは飲めるのか!?」「飲めるならぜひ味わってみたい!」などといった声が驚くほど多かったこともあり、このほど、ついに焙煎してお出しすることに。

 『第1回 コロンビア・ヴィンテージ珈琲豆(長期熟成豆)を味わう夕べ』として催してみました。

 会には、ヴィンテージ珈琲豆を目当てに、日に数杯は飲む珈琲愛飲家、自家焙煎SHOPを営む店主さま、珈琲の淹れ方を知りたい方など、十数名の参加者がお集まり下さいました。

 講師は、焙煎士にして、吉田珈琲の社長。吉田珈琲は、前身の『UCC鹿児島上島珈琲』から屋号を変更して、当店の絵本屋でお出ししている自家焙煎珈琲。

 私は、お茶どころ八女(福岡県)の生まれ育ちで、緑茶以外はほとんど口にすることが無かったのですが、結婚相手が珈琲屋の息子だったことから、毎日珈琲を飲むようになって今や20年。それまで、アイスコーヒーはシロップを入れて甘くして飲むものと(苦くてそのままでは飲めない)思っていたのですが、そうではないことを体験。これは私にとってはいい体験でした。以来アイスコーヒーは吉田珈琲で飲んでます。

 珈琲の生産地、コロンビアという国名の由来、珈琲の淹れ方なども聞いて、文字通り珈琲の"豆知識"を教えてもらいました。

 特に、実際にドリップをする時には、お客様も真剣。質問もいくつか。

 写真は、新しい生豆と20年以上寝かせておいたヴィンテージ豆です。新しい豆はグリーン色をしています。一方、長期熟成したのは黄色く水分もいくらか飛んでいます。これを浅煎りしてワイングラスに注ぎました。

 ヴィンテージ珈琲をお飲みいただいたあとは、新しい豆を焙煎したコロンビア珈琲で飲み比べ。そして最後はアルモニブレンドで。 

 お供のお菓子は、中山にSHOPがある「焼き菓子店Kukushka(ククーシュカ )」さんから、たくさん持参していただきました。こちらの焼き菓子、とっても美味しいんです!もちろん完売です。。。

 のんびり、まったりと美味しいひとときを、珈琲好きの皆様と過ごせて大満足の夜でした。

 さて、第2回目はいつのことでしょう。。。


【2015/12/19】桜井まみさん「アートを語る!」~「エストニアと日本をWAでつないでみた!」イベント報告~

2015年12月19日(土)、シンガーソングライターの桜井まみさんが当店に初登場してくださいました。

「エストニアと日本を WA でつないでみた!」にご参加いただた皆さま、いかがでしたでしょうか?

まみさん、ふだんは歌をうたう方ですが、この日はエストニアのタルトゥ・アーティスト・イン・レジデンス(タルトゥ市の文化振興のためのアーティスト招聘事業)における、ご自身の芸術活動について話を聞かせてくださいました。

タルトゥはエストニアの南部に位置する都市。エストニアで2番目に人口の多い都市で、首都はタリン。

タルトゥにはエストニア最古の大学があり、まみさんはアート作品の製作と発表の場を大学のチャペル(現在はギャラリーに使用されているそう)に置きました。エストニアでも学問・文化の中心地であるタルトゥ。国をあげて文化の発信を行っている、それも世界中からアーティストを招聘して。なんて素晴らしい!

まみさんがエストニアのタルトゥで行ったアート表現。ここでの詳しいご紹介は割愛させていただきますが、「世界のひとびとが繋がること、つまり和(輪でもあり環でもある)なら私でも作る事ができるのではないか」という思いが今回のインスタレーションに繋がったそうです。

それは、エストニアという国が、代わる代わるいろんな国から侵略され占領され、親族が殺された悲しい歴史を持った国(今でもロシア人が人口の4割を占めており交流が全くないんだそう)だからこそ、「平和」な世界であってほしいという思いが自然にわき起こる。長く悲しい歴史を持つ国の人にお互い仲良くしてください、なんてとても言えるような問題ではないいことに、ひとりの人間として途方にくれてしまう体験をしたんだそうです。

でも「平和」はテーマが大き過ぎるけど「和」なら作れるんじゃないか。

すると、自分の生まれ故郷である岐阜県に昔から伝わる「場所踊り」(盆踊りの原型と言われている)とともにおばあちゃんが唄ってくれたふるさとの民謡がふと頭に浮かび、そこに「和」のヒントがあるんじゃないか、と考えたのだそうです。

問題を見る事で考え、考えるといろいろなことが有機的に結びつき、表現の方法にまみさん独自の世界が現れる。これぞ私が求めるアートではないか。そんなふうに私には思えてなりませんでした。

表現方法については、またいつかどこかで、まみさんとお会いになる機会がありましたら、皆様でおたずねしてみてくださいね。


【2015/11/22】慈眼寺ガーデンマーケットへのイベント出店無事に終了!

心配された雨も、イベントが終る時間まで待ってくれました。寒くもなくて、いいピクニック日和。

今年のガーデンマーケットのドレスコードは「赤」。出店者や出店のテントなど、どこかに「赤」を身につける事が、主催者からの指令。10年の節目を迎えた慈眼寺ガーデンマーケットも、いつからかこの「ドレスコード」、今年は何を!?と、お題を出されることに快感を覚えるようになりました。

そして、10年目の今回はフラッシュモブが加わりました。クラシックバレエスタジオ「あーとかんぱにぃ」(鹿児島市笹貫)の皆さんが指導して、出店者もみんなで踊ったんですよ〜。ミュージカル「アニー」の歌にのって。手作り感いっぱいのガーデンマーケットの良さですね。

主催者発表では7,000人の来場客とのことですが、第1回が6,000人でしたので、相変らず遊びに来てくださるお客様がたくさんで、とっても嬉しいです。

ここは慈眼寺にある鹿児島の憩いの場。谷山神社も近くにあり、歴史も秘めたどことなく神秘的な場所なんです。

会場の「ふるさと考古歴史館」のどんぐり並木は、今年は病気が原因でこんもりと繁っていた枝がずいぶん切り落とされていて、少し淋しかったのですが、これも人の力が及ばない自然だからでしょう。受け入れていくしかないのでしょうか。少々雨脚が強くてもあまやどりが出来たどんぐり並木、見上げても空がほとんど見えないくらい緑の天蓋だったどんぐりの木々。病気が快復に向かうといいなぁ。そんなことをつらつら思いながら、一日のマーケットを楽しみました。来年もまたあるかなぁ。


【2015/11/5】マリオネット「音楽に合わせて映像が映し出され、耳で音楽を楽しみ目も楽しませていただきました。」

 マリオネットの湯浅さんと吉田さんのお二人、やっぱりとっても素敵でした!

 音楽に合わせて映像が映し出され、耳で音楽を楽しみ、目も楽しませていただきました。「とても得をした気分です」とお客様もとても満足なさっていました。

 大分や長崎、大阪の堺市の南蛮文化の歴史を大切に守る文化も知ることができました。大分麦焼酎「二階堂」のCM映像をバックに、音楽をライヴで聴けるという贅沢も。

 平日の夜とあって、仕事帰りに聴きに寄って下さった男性もいらして、アルモニがいつもと違う雰囲気に。ポルトガルギター、マンドリンの音をマイクを通さずに身近で聴けたのが、すごく嬉しかったとおっしゃる方も。

 私たちを贅沢に楽しませて下さって、マリオネットのみなさま、どうもありがとうございました。またお会い出来るといいなぁ。


【2015/10/31】長野ヒデ子さん「夜の怪しげな講演会」大好評でした!

 10月31日に、絵本作家の長野ヒデ子さんが、アルモニに来て下さいました。鹿児島は国民文化祭のオープニングであちこちがお祭り空気。長野さんが鹿児島空港を出発して市内へ向かう車と、皇太子夫妻の帰りの車の列が重なって足留めに遭い、15分遅れてお話会が始りました。

  長野ヒデ子さんといえば、絵本『おかあさんがおかあさんになった日』『せとうちたいこさん』シリーズでも有名。私の年代より上の絵本に関わる皆さんにとっては、知らない人はいないくらいの日本を代表する絵本作家でいらっしゃいます。

 私より年下のお母さんたちは、絵本作家の講演会そのものに足しげく出かける機会があまりないようで、長野さんに初めてお会いするというお客様が半分くらいいらっしゃったのでした。

 長野さんのお話はずらりテーブルに並んだ絵本を一つ一つ手に取って、どうやって作品が誕生したかという「そもそも」の話をしてくださいました。もちろん読んでもくださった(もちろん時間の制限があって全部ではありませんでしたけど)。

 最新の作品では「子どもたちへ、今こそ伝える戦争 子どもの本の作家たちの19人の真実」について心境を吐露なさいました。

 「この本は、戦争で辛かったとか痛かったとか苦しかったとか、そういう事を書いているのではないんです。私たちは、みんな当時子どもでした。これは、子どもの視線でありのままを思い出して書いています。子どもでもちゃんと戦争ということを見て感じることが出来たんです」と、非常に重い言葉でしかも短い言葉で説明なさいましたが、少しだけ読んで下さった内容が本当に素晴らしかったです。

 戦争の体験のみならず、私たちが何かを感じる事が本当は一番大事なのに、私たちは考えること、感じる事をないがしろにしているんじゃないか、と私は近頃思うようになりました。思い違いだといいのですが。。

 この本で今一度、私たちはひとりひとりが(特にお母さんが)、世の中のことに目を向ける、すっと背筋をのばして生きるということについて考えるきっかけにしたい、出来ればいいのだけど、と思います。

 お越し下さった方々も、心のこもったサインをいただいて笑顔があちこちではじけていました!

まずは、子どもの本からすべてにつながりますね。


【2015/10/21】ママアート・親子で美術館デビューツアー「日頃のストレスフルな暮らしに「アート」と「学ぶ」をキーワードに取り入れ、美術館での絵画鑑賞に子どもとともに初チャレンジ!」

 「子育て中のママが自分を取り戻す時間が必要」と福岡で始ったママアート。任意団体ですが、福岡県では行政からもその取り組みを高く評価されています。

 鹿児島でも、「男女共同参画・行政と民間との恊働」を目指して様々な取り組みがされています。結婚、出産、育児で人生が大きく変わらざるを得ない母親の自己再確立を支える一助にと願うママアートの活動に、鹿児島県でも深い理解と協力が得られることを心から願う次第です。

 この日は、鹿児島市立美術館をお借りしての「ママとこどもの美術館デビューツアー」。参加者も定員を上回る希望者があり、鹿児島でも母親たちの「求める姿勢」が少なからずあることを実感。

 「子どもを連れて美術館へは行きにくい。。。」そんな壁をどうにか取り払えないか。日頃のストレスフルな暮らしに「アート」と「学ぶ」をキーワードに取り入れ、美術館での絵画鑑賞に子どもとともに初チャレンジ!そのチャレンジする心こそがママたちにゆとりをもたらすものと思います。

 参加してくださった皆様からは、大満足の声が。正直に申せば、この企画の実現までに、いくつか問題もありました。でも、参加下さった皆様の声に、「やってよかった!」と心から思いました。美術館の学芸課長さんには、大変お世話になりました。本当に助かりました!有難うございました。


【2015/10/19】サトシンのぶっちゃけ絵本トーク「笑いあり、涙(?)ありの楽しい夜は、あっという間に過ぎたのでした。」

 鹿児島入りしたサトシンさんの絵本ツアーは、10日間なんて珍しくありません。それだけ、ファンがファンを拡大。口コミで「サトシンさんの読み聞かせツアー、とっても楽しい!」という話が広がっていくのです。子どもたちにとって、サトシンさんは「愉快なとーさん」「ずっこけとーさん」みたいな存在でしょうか。

 "おてて絵本"の生みの親であるサトシンさんが、子どもたちと公開"おてて絵本"を始めると、会場は笑い声でいっぱいになります。サトシンさんを知らない大人も、気がつくとすっかり"サトシンワールド"で笑っています。

 そんな身近なお父さん作家サトシンさんですが、「脱サラしてまで絵本作家に転身した理由とはなんだったのか!?」「ここまでくるのに、どんな道のりだったのか!?」「絵本作家への道は、誰にでもチャンスはあるのか!?」などなど、普段の講演会でお聞き出来ない話など、ここだけのぶっちゃけトークが展開されたのでした。

 特に「絵本作家になるための、10個の大作戦」は、人がどう生きるか、幸せとは何か、人間に共通する「心」の在り方を考えさせられるような深いお話に、会場がシーン。。。笑あり、涙(?)ありの楽しい夜はあっという間に過ぎたのでした。

 まだまだ話足りない青春大人たちは、アルモニでサトシンさんを囲み、明け方まで飲んで、しゃべって、大にぎわいでした。名付けて「第1回サトシン合宿 in アルモニ」が終了。第2回合宿はあるのか???


【10/18】リバーサイドマーケット・ワークショップ「私のブックマーク」にて、たくさんのお客様のご来場、ありがとうございました!

鹿児島・絵本・アルモニ・ワークショップ
鹿児島・絵本・アルモニ・ワークショップ
鹿児島・絵本・アルモニ・ワークショップ

 甲突川の右岸、維新ふるさと館の対岸で開催されました『リバーサイドマーケット』。今日は、お天気にも恵まれ、汗ばむほどの陽気でした。アルモニのテントにも、たくさんのお客様にお越しいただき、本当にありがとうございました。

 ワークショップでは、自分で絵を描いたり、シールをぺったんぺったん貼ったりして栞(ブックマーク)を作りました。熱心に描き込む親子連れのお客様で賑わいました。